札幌のラジオ局- 番組リスナーの個人情報がネット上で閲覧可能に

札幌のラジオ局 エフエム・ノースウエーブは、サイト経由でメッセージを送った視聴者10人の個人情報が、インターネット上で閲覧可能な状態にあったことを発表した。

1月30日に外部から指摘があり判明したもので、設定に問題があり、特定の検索エンジンからアクセス可能になったという。
2013年9月9日から2014年1月30日の間に、同局の一部番組へサイト経由でメッセージを送った視聴者のうち、10人の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが閲覧可能となった。