ロングランプランニング- 顧客などの個人情報2.2万件が流出か

演劇やクラシック公演などのサポート業務をおこなうロングランプランニングは、同社ウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客情報などが流出した可能性があることを発表した。

同社の説明によると、2016年11月24日に脆弱性を突かれ 同社ウェブサーバに不正なファイルが設置されていることを発見したため調査を行ったもの。
同不正ファイルは2016年11月16日に設置され、翌17日に同ファイルを通じてサーバー内のデータベースが攻撃を受け、データが外部に流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性があるのは、2万2276人分の個人情報で、2014年5月23日から2016年11月17日の間に、チケット情報サイト「カンフェティウェブ」内の問い合わせフォームや申込フォームを利用した顧客や取引先のほか、同社のポイントカードを持っていた顧客、団体販売を申し込んだ企業の担当者、同社の従業員や退職者などの、氏名、住所、電話番号、生年月日、企業名、メールアドレス、利用ID、利用パスワード、家族情報や2879件の銀行口座情報などの個人情報が含まれていた。