三菱東京UFJ銀行- 約2万件の休眠口座情報含む資料を紛失

三菱東京UFJ銀行は、90支店において2万2000件分の休眠口座に関する情報を記載した資料が所在不明となっていることを発表した。

同行では顧客情報の管理強化に向けて、永久保存扱いで保管している帳票や資料の保管状況を調査しており、その過程で休眠口座に関する内部資料の紛失が判明したもの。

紛失したのは「本部移管明細表」で、90支店で扱った顧客約2万2000人の休眠預金口座に関する情報が記載されていた。顧客の氏名や口座番号、明細作成時の預金残高などを含まれる。

同行では、保管期間の終了した不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、不正利用の報告も確認されていない。また対象となる顧客の預金については、資料の提示などにより払い戻しを行うとしている。