イオン- 鈴鹿店で顧客の個人情報が流出

イオンは、顧客の個人情報を流出したことを発表した。

同社の説明によると、2012年1月1日から同年9月22日の間に、イオン鈴鹿店で自転車の防犯登録を行った顧客の氏名、住所、電話番号が記入された防犯登録カードの店舗控えを紛失したもの。
紛失した個人情報の件数や紛失の経緯などについては、説明されていない。

同社では、保管期間が経過した書類とあわせて廃棄した可能性があると説明している。