沖縄銀行- 顧客の個人情報1,003件を流出

沖縄銀行は、顧客情報を含む内部資料の紛失により、顧客の個人情報を流出したことを発表した。

同行の説明によると、2016年11月に実施した監査で同年7月22日と8月8日分の「取引時確認記録書」を紛失していることが判明したもの。同書類には、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日など1003件分の顧客情報が記載されていた。

同書類は同行事務センタービルで管理していたもので、不要書類などとともに誤廃棄した可能性が高いと説明している。