名古屋大学- 教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載

名古屋大学は、同大教員が個人情報をはじめ、不適切な情報を自身のSNSに投稿していたことを発表した。

同大の説明によると、同大の教員が、出題予定の定期試験問題や採点中の答案、審査中の修士論文の画像のほか、自身が立ち会った医学部付属病院における手術中の写真、患者のMRI画像の写真などを自身のSNSに掲載していたもの。
また大学入試センター試験の監督者や同大の推薦入試や大学院入試の面接委員を務めていることがわかる投稿や、修士論文発表者1人の個人情報や、奨学金返還免除者に選ばれた学生と、学術奨励賞の面接を受けた学生の氏名などの個人情報をなどもSNSに掲載していた。

2月に同教員がSNSへ不適切な投稿を行っているとの指摘を受け、調査を行ったところ事件が判明した。