内閣官房- メール誤送信で個人情報が流出

内閣官房は、メールの誤送信により一部報道関係者のメールアドレスが流出したことを発表した。

内閣官房の説明によると、8月31日 内閣官房国土強靱化推進室の担当者が、資料の配布について案内するメールを、災害報道関係者39人に送信したが、操作を誤ってメールアドレスを宛先に設定して送信したため、受信者間でメールアドレスが流出したもの。