東京都しごとセンター- 個人情報リストを誤送信

東京都は、東京都しごとセンターにおいて、利用者12人の個人情報含むファイルを別の利用者5人に添付してメール送信していたことを発表した。

同センターを運営する東京しごと財団によれば、30歳から54歳までの雇用就業支援業務を委託しているパソナの従業員が、2月24日16時ごろセンター利用者5人に対し、誤って個人情報を保存したファイルを送信したもの。

本来ならば同ファイルには求人情報が記載されていたが、送信前に別の担当者が誤って利用者リストで上書き保存していた。それに気付かず添付して送信してしまったと説明している。

誤送信されたファイルには、利用者12人の氏名、メールアドレス、利用者登録番号含まれる。
添付ファイルを送信する際に、開封して事前に内容を確認する手順が定められていたが、確認していなかった。