中央大学- マルウェア感染で学生や保護者などの個人情報が流出

中央大学は、パソコンがマルウェア感染し、学生や保護者、教職員などの個人情報が流出していたことを発表した。

同大の説明によると、多摩キャンパスで事務に使用しているパソコン1台がマルウェアに感染し、個人情報が流出したもの。
流出したデータには、学生や保護者、教職員など20人の氏名、住所、生年月日などの個人上方が含まれていた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23