富士宮信用金庫- 最大4450件の顧客情報が流出

富士宮信用金庫は、5支店において、顧客情報が記載された最大4450件の書類を紛失し、顧客の個人情報が流出したことを発表した。

同金庫の説明によると、同金庫 神田支店、富士根支店、松岡支店、万野支店、上井出支店においてあわせて4450件の例外取引日報や保証意思確認書類関係、届出事項変更届など5種類の帳票を紛失したもの。
記載されている内容は書類によって異なるが、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額、印影、運転免許証番号などの個人情報が書かれていた。

同金庫では、2014年12月に顧客情報の紛失があり、全店において調査を実施したところ判明したもの。
誤廃棄の可能性が高いと説明している。