東京都- メールマガジン誤配信で個人情報が流出

東京都は、メールマガジンの誤送信により、個人情報が流出したことを発表した。

東京都の説明によると、都港湾局において、「海の森友の会」のメールマガジンを3回にわけて送信した際、職員が送信先アドレスを誤って宛先に入力したため、あわせて443件のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となったもの。

受信者からの連絡で事故が発覚した。