中野区立武蔵台小学校- 児童の個人情報などが流出

東京都中野区は、中野区立武蔵台小学校において、児童の個人情報が記載された「学校情報配信システム登録用紙」を紛失し児童の個人情報が流出したことを発表した。

同区の説明によると、紛失したのは、4月6日に保護者が学校へ提出した「学校情報配信システム登録用紙」84枚。
「学校情報配信システム登録用紙」は、緊急情報や学校行事に関する情報などを保護者に配信するシステムに登録するための書類で、児童の氏名、学校名、学年、電話番号、メールアドレスなどを記載して保護者が提出したもの。

学校から同区教育委員会へ送付するものだが、送付期限を過ぎても届いていないため、教育委員会から同校へ連絡したことで紛失に気付いた。