がん研有明病院- 患者情報含むHDDを紛失

がん研有明病院は、同病院の医師が、患者の個人情報や病状を保存したポータブルハードディスクを紛失したことを発表した。

同病院の説明では、同病院の医師が3月5日6時35分ごろ、通勤途中の電車内に鞄ごと置き忘れ、持ち去られたもの。すぐに気が付き、最寄り駅で車内を確認してもらったが発見できなかった。

所在不明となっているハードディスクには、2005年から2012年の胃がん患者1628人の氏名、生年月日、性別、患者ID、手術日、入退院日、がんの進行度などが記録されていた。
ハードディスクにはパスワードを設定していた。