東金市 浅井病院- 利用者の個人情報が流出

千葉県東金市の浅井病院は、利用者の個人情報が流出したことを発表した。

同病院の説明によると、同院精神科デイケア科で利用されている「高齢者能力維持・予防プログラム」のスタッフ用パソコンから、データが無断で持ち出されたもの。
同パソコンに保存されていた業務関連データが何者かに削除されたことが2015年10月30日に判明。その後のデータ復旧作業から同パソコン内から個人情報を含むデータがUSBメモリにコピーされ、持ち出されていたことが判明した。

パソコンのアクセス履歴や、複数の目撃証言から、持ち出した可能性が高い職員を特定し、その職員にデータを返却するよう求めたが応じず、11月30日にそのまま退職した。

持ち出されたデータは、プログラムに登録されている利用者の氏名、住所、電話番号、IDのほか、緊急連絡先の氏名、続柄、電話番号、通所開始日などの個人情報が含まれていた。