サークルKサンクス- 盗難被害で顧客の個人情報が流出

コンビニエンスストアのサークルKサンクスは、店舗で盗難が発生し、料金収納の払込票が盗まれ個人情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、12月27日 東上野4丁目店で何者かが店舗事務所へ侵入し、売上金と払込票を持ち去ったもの。
事件に先立ち、店長を名乗る人物から電話があり、売上金を事務所の机の上に置いておくよう店員が指示を受けており、その後被害に遭った。

被害に遭ったのは、同店で12月26日7時32分から22時56分の間に支払われた料金収納の払込票38件。払込票には、氏名のみ、または氏名と住所が記載されていた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23