北海道大学- サーバが外部と不正通信、学生情報等が流出か

北海道大学は、同校のサーバが外部と不正通信を行っていたことを発表した。サーバ内部には学生11万3000人、企業情報2000社分などの個人情報が保存されており、外部に流出した可能性がある。

同大の説明によると、外部と不正通信していたのは、同大キャリアセンターのファイルサーバで、1月4日に不正通信が判明しサーバをネットワークから隔離した。

同サーバは、2015年12月27日にスパムメールの大量送信に悪用され、翌28日に送信を自動遮断しており、ログなどを調査したところ不正通信が判明したもの。
サーバ内には、同大の在学生約1万8000人や卒業生約9万5000人の個人情報と、企業情報約2000社分が保存されており、外部へ流出した可能性がある。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23