デンソー- アプリ開発者の個人情報がネット経由で流出

デンソーは、同社サイトへ登録していたスマートフォンアプリ開発者の個人情報が、インターネット経由で閲覧可能になっていたことを発表した。

同社の説明によると、閲覧が可能となっていたのは、同社が提供するカーナビユーザー向けスマートフォンアプリ「NaviCon」の連携アプリ開発者向けサイトに登録していた関係者371人分の個人情報。
アプリ開発者リストのファイルが、2014年3月に構築した開発者向けのAPI提供サイトへ誤って保存されており、同サイトを閉鎖した1月6日までアプリ開発者371人分の氏名、メールアドレス、登録日時、登録用途、会社名などの個人情報が閲覧可能となっていた。

外部から指摘を受け、事故が発覚した。