調剤薬局 総合メディカル- 顧客の個人情報が流出

総合メディカルは、神奈川県のそうごう薬局東海大学前店において、顧客の個人情報を流出したことを発表した。

同社の説明によると、1月11日未明に神奈川県のそうごう薬局東海大学前店の店舗正面のガラスを割って何者かが侵入、盗難被害にあったもの。
現金や処方箋、ノートパソコン1台が入ったキャビネットを持ち去られた。

盗難被害に遭ったノートパソコンには、2015年6月から12月までの保険請求用データ7959件が保存されており、顧客2535人分の氏名、処方医療機関名、処方医師名、処方内容(コード化されたもの)などの個人情報が記載されていた。

またキャビネットには、患者288人分の氏名、生年月日、保険番号、処方内容などが記載された処方箋が入っていたが、近隣の路上で鍵を壊されたキャビネットとともに発見されたているが、パソコンは見つかっていない。