百貨店 大和- おせち注文顧客の個人情報を流出

富山県と石川県で百貨店を展開する大和は、おせちを注文した顧客の個人情報を流出したことを発表した。

同社の説明によると、12月19日に、富山店食品売り場でおせち受注用のノートパソコン1台を紛失したもの。
盗難の可能性もあるとのこと。

紛失したパソコンには、2014年と2015年に同店でおせちを注文した顧客2233人分の氏名、住所、電話番号、注文商品などの情報が保存されていた。
同パソコンは、起動時や、おせち受注システムの起動時などにパスワードが必要と説明している。