厚生労働省- 年金記録の訂正者の個人情報を、ウェブサイトに誤掲載

厚生労働省は、年金記録の訂正を申請した55人分の個人情報を、誤ってウェブサイトに一時掲載していたことを発表した。

同省の説明によると、1月21日に関東信越厚生局のサイトへ年金記録訂正審議会の答申書を掲載したが、その際に匿名化すべき個人情報を誤ってそのまま掲載したもの。
誤って掲載されたのは、年金記録の訂正を申請した55人分の氏名、住所、生年月日、基礎年金番号、事業所名などの個人情報が含まれていた。

担当者がサイトを公開する前に承認申請を行ったが、誤って匿名化していないファイルを申請。承認の際も匿名化されていないことを確認せず、そのまま承認していた。

職員が誤掲載に気が付き、サイトから削除された。