福島県郡山市- 除染作業先の一般住宅などの個人情報などを流出

福島県郡山市は、一般住宅などの除染作業を実施した先の個人情報などを流出したことを発表した。

同市の説明によると、除染作業を受託した村本建設の下請業者詰め所に、何者かが窓の鍵を外して侵入し、キショウと相馬建設のパソコンやカメラが持ち去られたもの。

被害に遭ったパソコンには、一般住宅の除染前に打ち合わせを行う際の事前立会シート約200件分のPDFデータなどが保存されていた。またカメラには、作業状況を撮影した写真403枚が収められている。