取手市- 設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載

茨城県取手市は、マイナンバーを記載した住民票を誤って交付し、マイナンバーが流出したことを発表した。

同市の説明によると、10月5日から9日にかけて、市内2カ所の自動交付機で発行された69名分の住民票に、マイナンバーが誤って印字されたまま発行していたもの。

本来、自動交付機ではマイナンバーを記載しないはずだったが、同市が委託する茨城計算センターが、住民基本台帳システムや自動交付機の設定作業を行った際、記載しないよう設定していなかった。