ホテル龍名館東京- 不正アクセスを受け、 顧客にフィッシングメールを送信

ホテルやレストランを展開する龍名館は、ホテル龍名館東京のメールアカウントが不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスが流出したことを発表した。

同社の説明によると、顧客から不審なメールが送信されたとの連絡を受け調査を行ったところ、ホテルの代表メールアカウントが、国内のIPアドレスより不正アクセスを受け、過去にメールでやり取りした一部顧客のメールアドレス1954件が流出したもの。
流出したメールアドレスに対して、フィッシングサイトへ誘導するメールが送信されていた。