鳥取医大病院- 患者の個人情報含むUSBメモリを紛失

鳥取大学医学部付属病院の医師は、患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失してることを発表した。

同院の説明では、同病院に勤務する医師が、患者の個人情報を含むUSBメモリを紛失したもの。所在不明となっているUSBメモリには、氏名やIDなど患者30人分の情報が保存されていたという。

紛失の経緯、USBに対するパスワード設定の有無などについては説明されなかった。