文化放送- メール送信データ作成ミスで個人情報が流出

文化放送は、イベントの当選通知メールを送信した際に、誤操作により個人情報を流出させたことを発表した。

同社の説明によると、10月に開催される声優イベントの当選者へメールで通知する際に、当選者700人のデータを作成する際、表計算ソフトのソート操作のミスにより、メールアドレスと名前や住所が一致しない状況のままメールを送信したもの。
ソート操作のミスにより、360人に対して 別の当選者の氏名や住所、年齢、性別などが記載された状態で送信されていた。

送信作業を行っている際に、受信した当選者から連絡があり事故が判明し、43件の問い合わせが寄せられた。