都立小児総合医療センター- 患者の手術予定表を紛失

東京都は、都立小児総合医療センターで、患者15人の個人情報が記載された手術予定表を紛失したことを発表した。

東京都の説明では、3月10日7時30分ごろ、医療業務に従事する協力会社職員が、手術準備のため予定表を印刷。準備ワゴンに置いた状態で手術準備を開始したが、その後9時に、予定表がワゴンの上にないことが判明。周辺を捜索したが発見できなかった。

紛失したのは3月10日の手術予定表で、患者15人の氏名、年齢、性別、診療科、手術名などが記載されていた。