栃木県- ふるさと旅行券応募者のメールアドレスが流出

栃木県は、ふるさと旅行券の応募受付において、応募者のメールアドレスがほかの応募者の入力画面に誤って表示される不具合が発生し、個人情報が流出したことを発表した。

同県の説明によると、ふるさと旅行券の第2期応募受付を9月1日より開始したが、応募フォームに第三者のメールアドレスが表示されてしまう不具合が発生し、メールアドレスは1995件が他人から閲覧可能な状態になったもの。
同県では、アクセスが集中したことによるシステム不具合が原因と説明している。

応募者から指摘があり事故がわかった。