横浜国立大学- 職員や学生の個人情報が流出

横浜国立大学は、学生と職員の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失し、個人情報が流出していたことを発表した。

同大学の説明によると、職員が自宅で資料を作成するためUSBメモリに個人情報のデータをコピーし持ち帰ったが、自宅で紛失したもの。
紛失したUSBメモリには「2015年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」が保存されており、職員2人、派遣職員14人、学生6人の氏名が含まれていた。

同大学の内規では、個人情報を持ち出す際には、届出やUSBメモリの暗号化などが義務付けられていたが、実施されていなかった。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23