日本郵便- 居住者情報が流出

日本郵便は、埼玉県東松山市の東松山郵便局において、配達地区の居住者情報8217件を流出していたことを発表した。

日本郵便の説明によると、埼玉県東松山市の東松山郵便局において、郵便物の配達に使用する居住者情報を記録、管理する機器を誤廃棄したもの。機器には比企郡嵐山町全域の居住者の氏名や住所など8217件が保存されていた。

同機器内部のデータにはパスワードが設定されていた。