宿泊予約サイト「J-YADO」- 不正アクセスのより会員のメールアドレス、パスワード流出

国内宿泊施設の予約サイト「J-YADO」は、不正アクセスを受け、会員のメールアドレスとパスワード1万8592件が流出したことを発表した。

同サイトを運営するジェイヤドの説明によると、7月15日に不正アクセスの兆候を検知し調査を行ったところ、断続的な不正アクセスを受けていたことが判明したもの。
この不正アクセスにより、2000年9月25日から2008年5月5日までの間に会員登録を行った顧客のメールアドレスとパスワード1万8592件が流出した。