科学技術振興機構- マルウェア感染で個人情報流出か

科学技術振興機構は、業務で利用している複数のパソコンがマルウェアに感染し、関係者の個人情報が外部へ流出した可能性があることを発表した。

同機構の説明によると、職員が7月15日、業務でウェブサイトを閲覧した際、閲覧したサイトが改ざんされており「Flash Player」の脆弱性によりパソコンがマルウェアへ感染し、同月17日までの間、数台のパソコンが外部サーバと通信を行っていたもの。

7月17日に不正通信を検知し、対象のパソコンを外部ネットワークから遮断したが、一部パソコンから、関係者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど、最大215人分の個人情報が流出した可能性がある。