ワシントンホテル 予約サイト- 不正ログイン によりポイントの不正交換と個人情報の流出

ワシントンホテルは、同社が運営する宿泊予約サイト「宿泊ネット」において不正ログインが発生し、ポイントの不正交換や、個人情報が流出が発生していたことを発表した。

同社の説明によると、8月4日 同サイトに不正ログインがあり、ポイントが不正交換されたことを確認し、調査を実施したところ、123件のアカウントでAmazonギフト券へポイントが不正交換されていたことが判明したもの。
被害額は、あわせて29万5000円分相当にのぼり、これらアカウントに関する、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、会社名、宿泊履歴など、個人情報が流出した可能性もあるもの。

複数のIPアドレスが発信元となり、不正アクセスがおこなわれていた。