大阪市立大- 過去の聴講生の個人情報、成績原簿を流出

大阪市立大学は、過去の聴講生の成績原簿を紛失し、受講生の個人情報が流出していたことを発表した。

同大学の説明によると、7月31日に工学部の聴講生から単位取得証明書の発行依頼を受けた際、発行に必要な成績原簿が保管庫に保存されていないことが判明したもの。

紛失した成績原簿は、1991年度の工学部聴講生11人のもので、成績原簿には、聴講生の氏名、住所、本籍地、生年月日、性別などが記載されていた。