秋田大学- メールボックスへの不正アクセスで迷惑メール送信

秋田大学は、メールボックスへの不正アクセスにより迷惑メール送信に悪用されていたことを発表した。

同大の説明によると、同大のサーバ内の教員のメールボックスに不正アクセスがあり、学外に迷惑メールが送信されたもの。
当該メールボックスのパスワードが不正取得されてログインされたもので、当該教員が、送った覚えのないメールに対する不達通知が大量に届いたことから不正アクセスと悪用が発覚した。
送信されたメールには薬物販売目的の内容が英語で記載されており、メールに個人情報が含まれていた。