エネット- 顧客情報がネット上に公開され契約者情報が流出

新電力会社のエネットは、同社の顧客345社の情報が記載されたファイルが、外部サイトで公開されていたことを発表した。

同社の説明によると、2005年12月時点で同社と契約していた345社724施設の契約者名、契約対象ビル名、契約電力などの情報が記載されたファイルが、3月8日からウェブサイト上で公開されていたもの。
外部から指摘を受けて気付いた。

同ファイルは、ウェブサイト上で公開されており、7月21日にサイトの管理者に依頼し、同日削除を確認した。しかし、翌22日には同じファイルが別のサイトに再び掲載され、そのサイト管理者に削除を依頼、翌23日には削除された。

同社では、2007年11月から顧客情報を専用システムで管理しておりアクセス権を持つ従業員のみ閲覧可能となっていたが、今回流出が確認された情報はそれ以前のもので、当時は全従業員が、データを保存していたファイルへアクセス可能であったため、内部関係者によって持ち出され、公開された可能性が高いと説明している。