公立 西知多総合病院- 11万4400人分の診療情報が流出、職員逮捕

愛知県東海市の公立 西知多総合病院は、診療情報が保存されたハードディスクが盗難に遭い、個人情報が流出したことを発表した。

同病院の説明によると、病院内で利用していたハードディスクが、7月24日に何者かによって持ち去られたもの。
被害に遭ったハードディスクには、同院の電子カルテ開発資料のほか、旧東海市民病院と旧知多市民病院の診療情報など11万4400人分の診療情報が保存されていた。

同病院で調査をおこなったところ、同院に勤務する職員が同ハードディスクを盗んだとして逮捕された。
同病院は今回の盗難にともなう外部への情報流出や不正使用については否定している。