山梨大学- 不正アクセスでメールアドレス等が流出

山梨大学は、同校のホームページが不正アクセスを受けメールアドレスが流出したことを発表した。

同校の説明によると、サイバーパトロールを行っていた県警から不正アクセスの可能性の指摘を受け、調査をおこなったところ、同校のホームページに不正アクセスがあり、ホームページを構成するシステムの情報やメールアドレスの流出が判明したもの。

流出した情報は主にホームページで公開されているもので、実害はないと説明している。