神戸女学院大学- 不正アクセスによりデータベース テーブル情報が流出

神戸女学院大学は、同校 人間科学部のWebページが、外部からの不正アクセスを受け、コンテンツを管理するデータベースのテーブル情報が流出したことを発表した。

同校の説明によると、外部機関から不正アクセスの連絡を受け調査をおこなったところ、人間科学部のWebページに不正アクセスがあったことが発覚したもの。
セキュリティの脆弱性を突いた攻撃であった。

被害に遭ったコンテンツのデータベースには、研究室・教員紹介などの情報が格納されていたが、ページで公開している情報以外の情報流出は現在確認されていない。