既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」- 不正アクセスで個人情報流出

世界最大規模の既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」は、不正アクセスによるハッキング被害で、会員の個人情報が流出したことを、カナダの運営会社が発表した。
同サイトは、2002年にサービスを開始し、13年からは日本にも進出。世界48カ国の約3800万人が登録しており、日本の会員は約180万人いる。

運営会社の説明では、流出した個人情報の内容や規模について明らかにしていないが、セキュリティー会社の説明では、ハッカーはほとんどの会員の氏名、住所、クレジットカード情報などを取得していると説明しており、すでに一部の会員の情報がネット上に流出していると説明している。

ハッキングしたと主張するグループからは、「サイトを即時に、かつ永久に閉鎖しなければ、利用者の個人情報を公開する」と脅迫メッセージも出されている。

情報流出新たに2150万人分確認 米政府サイバー被害
韓国の原発情報流出、北朝鮮が関与否定 「捏造だ」
米でまたハッカー攻撃 陸軍HPが一時閉鎖