タミヤ- 不正アクセスにより登録者情報など10.7万件が流出の可能性

プラモデルやラジコンなどの模型販売を展開するタミヤは、同社のウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出した可能性があることを発表した。

同社の説明によると、JPCERTコーディネーションセンターより情報漏洩の可能性を指摘され調査を行ったところ、ウェブサイトに不正アクセスがあり、会員の個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

流出した可能性があるのは、「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件 及び、「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件の氏名、住所、郵便番号、電話番号、ログインIDで用いるメールアドレス、ログイン用パスワードなど。
また見学を予約した顧客最大3824件の氏名、住所電話番号、メールアドレスなど。