鳥取銀行- 休眠口座の印鑑届3万5476件を紛失

鳥取銀行は、休眠口座の印鑑届3万5476件を紛失していることを発表した。

同行の説明によると、紛失したのは、10年以上取引のない休眠口座の印鑑届43店舗であわせて3万5476件。
印鑑届には、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、印影などが記載されていた。

4月に一部店舗で印鑑届の紛失が発覚したため全店舗の調査を行ったところ、43店舗であわせて3万5476件を紛失していたもの。
大半は1984年以前に休眠口座となったもの。

同行では、口座解約より10年後に印鑑届を廃棄することになっている解約済印鑑届と誤って廃棄した可能性が高いと説明している。