ボートレース徳山- 不正アクセスでメルマガ会員情報が流出

ボートレース徳山は、ウェブサイトが不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスが流出したことを発表した。

山口県周南市の委託により同サイトを運営している日本レジャーチャンネルの説明によると、7月7日にJPCERTコーディネーションセンターから情報流出の可能性について指摘があり、不正アクセスが発覚した。

同社の再委託先であるJLCエンタープライズのバックアップサーバが、6月11日3時過ぎと15時半過ぎにわたり不正アクセスを受けたもので、脆弱性が突かれ、2014年9月4日以前に登録されたメールマガジン会員のメールアドレス1041件が流出したもの。