日本郵便- 郵便物等の配達で使用する居住者情報を流出

日本郵便は、個人情報含む書類を一時紛失していたことを発表した。

同社の説明によると、白河郵便局にて、郵便物などの配達の際に使用する個人情報含む資料が紛失したもの。
テレビ局に同資料が送付されて照会があり紛失が発覚。

同書類は、郵便物等の配達に使用する居住者情報を記載した資料で、531 世帯1,281 名の住所、居住者氏名
が記載されていた。
当該資料は内規で使用しなくなったら即座に廃棄する規定になっていたが、事務室内で保管されていた。