大阪市生野区役所- 財産差押え手続きミスにより個人情報が流出

大阪市生野区役所は、財産差押えミスにより個人情報が流出したことを発表した。

同区役所の説明によると、国民健康保険料の滞納者の財産を差し押さえ手続きを行ったところ、誤って氏名と生年月日が同一の別人の差押え手続きを行ったもので、当該別人の生命保険解約予告通知書および差押調書を滞納者に送付したことにより個人情報が流出した。

当該別人から、個人年金の振込が行われなかったため確認したところ差押え手続きにより生命保険口座が使えない状態になっている旨の連絡があり事故が発覚した。