大阪市- 国民生活基礎調査書類を紛失し個人情報を流出

大阪市は、国民生活基礎調査の調査対象者22人の個人情報を流出したことを発表した。

同市の説明によると、5月30日、国民生活基礎調査の調査員が調査票の配布を終え、担当地区から自宅へ自転車で帰宅する途中、自転車が転倒して書類が路上に散乱し、回収して帰宅したが、6月3日に書類を確認したところ、関係書類2点を紛失していることがわかったもの。

紛失したのは平成27年国民生活基礎調査の地区要図と単位区別世帯名簿で、22人の世帯主氏名、世帯員数、調査地区地図などの個人情報が含まれていた。