三菱地所リアルエステートサービス- 案内メールで誤送信で取引先の個人情報流出

三菱地所グループの 三菱地所リアルエステートサービスは、案内メールの誤送信により 取引先担当者の個人情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、6月11日、賃貸物件の内覧会開催を案内するメールを取引先の不動産仲介業者に一斉送信した際、宛先に同報送信(CC)を利用して送信したため、送信先563件のメールアドレス、氏名、組織名などの個人情報が流出したもの。

同社では、メール誤送信による情報流出を防止するためのシステムを導入していたが、システムが正常に機能せず事故を防げなかった。