つくば市- メール誤送信で個人情報が流出

茨城県つくば市は、メールの誤送信で、個人情報を流出したことを発表した。

同市の説明によると、6月4日 同市の担当者が農業サポーター103人に対し、農作業員募集のメールを一斉送信した際、宛先に同報送信(CC)を利用したため、96人分のメールアドレスと103人分の送信先氏名がメールに表示される状態となったもの。

誤送信した担当者が誤送信に気付き、謝罪のメールを送信したが、職員はその報告を行っていなかった。
当事者の農業サポーターから誤送信を指摘するメールが送られたことで事故が発覚した。