厚生労働省- 個人情報含む行政文書を紛失

厚生労働省は、個人情報を含む行政文書ファイル2冊を紛失していることを発表した。

同省の説明によると、紛失したのは 2003年度の埼玉地方労働審議会に関わる行政文書ファイル2冊。
保存期間が10年間で、期間終了後は国立公文書館へ移管されるものだが、4月13日に職員が紛失に気付いた。

紛失したファイルには、2003年度当時に埼玉労働審議会の委員だった18人の氏名や住所、口座番号、委員手当支給額のほか、勤務先の名称や所在地、電話番号などが記載された書類が含まれていた。

同省によると、誤廃棄時された可能性が高いと説明している。