九州大学- 「住所届」を紛失し生徒・保護者の個人情報を流出

九州大学は、キャンパス間で配送を行う学内便を利用して送付した学生183人分の「住所届」を紛失していることを発表した。

同大学の説明によると、箱崎キャンパスの理学部等事務部から伊都キャンパスの学務部宛てに、4月6日に学内便で発送した学生の住所届が紛失したもの。
住所届には、理学部の院生と学部生183人分の氏名や住所、電話番号、学籍番号、生年月日、性別、本籍地、メールアドレスのほか、保護者の氏名や住所、電話番号、勤務先などが記載されていた。