福岡市- メール誤送信でメールアドレスが流出

福岡市は、イベント案内メールの誤送信により、メールアドレスが流出したことを発表した。

同市の説明によると、6月15日に福岡外国人学生支援の会が送信したメールにおいて、202件すべてのメールアドレス宛先を同報(CC)で送信したもで、202件すべてのメールアドレスが表示された状態で送られていた。
202件のうち、アドレスの重複分や未着などを除いた166件が送信先に届いていた。